ペアーズの「プライベートモード」は使える?料金や機能を解説!

ペアーズ プライベートモード

ペアーズではFacebook登録しておけば、Facebookで繋がっている知り合いにバレないという利点があります。

しかし、知り合いの全てがFacebookで繋がっているわけではありませんし、そうなるとFacebook登録だけでは知り合いにバレるリスクは回避しきれません。

そこでより強力にプライバシーを保護するのが、「プライベートモード」という有料制の機能なのですが、一体この機能は、どんな性能を持っているのでしょうか?

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードとは?

ペアーズ プライベートモード

ペアーズのプライベートモードは、一言で言えば身バレを防ぐ機能です。

身バレはFacebook登録によって、ある程度は防げますが、まずはそのFacebook登録で守られるプライバシーについておさらいします。

【Facebook登録の主な特徴】

・ニックネーム制なので本名がバレない

・Facebookのタイムライン上には表示されない

・Facebookの友達は非表示となる

他にも電話番号で登録する方法がありますが、これだと知り合いが利用している場合、自分のプロフィールが表示されてしまリスクが懸念されます。

それならFacebookを通して登録する方が無難…と言いたいところですが、Facebookに繋がっている人だけが知り合いの全てになるわけではありませんよね。

それが兄弟や親戚となると、余計にSNSでの交流はありえないですし、ましてやバレてしまったら、恥ずかしすぎる相手でもあります。

足あとも普通に残りますし、うっかりそれを身内のアカウントに残してしまったらアウト!ですよね。

また、マッチングアプリでの身バレは、以下の検索方法が原因することがしばしばあります。

・年齢×出身地

・職業×現住所

・出身学校×年齢 など

自分は見たくない、知られたくないと思っても、相手は「あれ、この人ももしかしてやってるの?」と、驚異本位で見てしまうかもしれません。

その危険性を回避するのに「プライベートモード」が活躍するわけですが、一体どんな機能が利用できるのか見てみましょう。

【プライベートモードの主な機能】

・いいねやマッチングした相手にだけプロフィールを公開

・自分の足あとが付かなくなる

・モードオン時は相手によって「退会済み」と表示される

次項で、これらの機能について解説していきたいと思います。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードの機能

プライベートモードでは、どういった機能が利用できるのでしょう?

いいねした異性やマッチングした異性にだけプロフィールを公開

この機能の特徴を、メリット・デメリットに分けて見ていきましょう。

【メリット】

・「いいね」や「マッチング」した相手にのみプロフィールを公開

ペアーズ プライベートモード01

・知り合いと遭遇するリスクを回避

ペアーズ プライベートモード02

・顔写真もプロフィールの一部なので無視されても顔が理由かは分からない

ペアーズ プライベートモード3

プライベートモードをオンにすると、自分がいいねした相手や、マッチングした相手にのみ、プロフィールを公開することができます。

そのため、不特定多数のアカウントに見られる心配がなくなるので、知り合いと遭遇するリスクが格段に減るでしょう。

また、いいねした相手やマッチングが成立した相手を除いて、おおっぴらに自分の顔写真をしなくても済む点もありがたいですね。

いいねした人、マッチングした人にだけ顔写真を送るという人もいますが、これだと余計に期待値を煽りますし、送ったのを境に連絡を絶たれたりすると、かなりショックですよね。

顔写真はプロフィールの一部なので、いいねした相手に無視されても、顔が理由で弾かれたかどうかまでは伝わりませんから、「相性が悪かったのかな」で済むレベルでしょう。

【デメリット】

・気の合う相手からも「足あと」や「いいね」が付かなくなる

・自分から地道にいいねを付ける必要がある

その不特定多数の人からの足あとやいいねが付かなくなります。

少なくとも足あとやいいねを付けてくれる人は、自分に少なからずとも興味を持ってくれたということですし、そういった方たちへのアピールは出来なくなります。

そのため、プライベートモードを利用する場合は、自分から地道にいいねを付けていくしかありません。

自分の足あとが付かなくなる

足あと設定の方法

プライベートモードをオンにすれば、他のアカウントを見ても自分の足あとがつかなくなります。

ですが、足あとを残さないだけなら、プライベートモードを利用せずとも設定可能です。

その際は、以下の行程を踏んで設定してください。

【プライベートモード抜きで足あと機能をオフにする方法】

①その他→各種設定をタップ

②各種設定の「足あと設定」をタップ

③「足あとを残す」をオフにする

わざわざ設定画面からオン/オフを切り替えなければいけない点が、ややこしくて若干面倒ですが、足あとだけが気になるなら、プライベートモードを利用しなくてもいいでしょう。

プライベートモードの真の利点は、プロフィールが全体公開されないところにあるでしょう。

モードオン時は相手によって「退会済み」と表示される

ペアーズ プライベートモード

プライベートモードをオンにすると、以下の場合に「退会済み」と表示されます。

・自分を「お気に入り」に登録した相手

・相手の「あなたからいいね!」のリストから見た自分

・モードオフ時に足あとを残した相手

もちろん、モードオフにすれば、再び他のユーザーも閲覧できる様になるので、実際に退会してしまったわけでも、プロフィールが削除されてしまったわけでもありません。

プライベートモードについて理解があれば、「あ、この人プライベートモードなのかな?」と、察することができるでしょう。

しかし、そうでない人にとっては、退会済みのハズがまたプロフィールが見れたりして、訳がわからないかもしれませんね。

Pairs(ペアーズ)でプライベートモードを使うときの注意点

申込方法

プライベートモードは有料会員とは別料金で、以下のプランで申し込むと利用できる様になります。

プライベートモードの利用料金(税込)※男女共通
プラン 月額料金(ブラウザ版) 一括料金
1ヶ月 2,480円
3ヶ月 2,280円 6,840円
6ヶ月 1,780円 10,680円
12ヶ月 1,580円 18,960円

なお、支払いは1ヶ月プランを除いて、ブラウザ版のクレジット決済がお得となっています。

また、更新時に解約手続きをしないと、自動更新されてしまうので注意しましょう。

では、実際に利用してみた感想を綴りたいと思います。

Pairs(ペアーズ)でプライベートモード使ってみた

Pairs プライベートモード 使ってみた

プライベートモードにしてみて感じたポイントをまとめてみました。

・知り合いに遭遇することはなかった

・いいねが付かないのは快適でもあり寂しくもある

・出会いに発展しにくくなった

ひとまず、知っている人に遭遇することはなかったです。

それとマッチングアプリを利用していると、いいねが沢山来て、それが怖いなと思うことがありました(慣れはしましたが)。

そういったことがパッタリ無くなったので、少なくとも女性である筆者にとっては安心が得られましたかね。

自分でじっくり相手を選べる様になったのはいいですが、以前よりもマッチング率は当然下がりました。

これが男性ユーザーだと、より顕著に下がるんじゃないかなと思います。

Pairs(ペアーズ)でプライベートモード結果

ちなみに筆者はFacebookではなく、電話登録にしています。

その理由は、そもそもFacebookではほとんど友達と繋がっておらず、ごくごくプライベートな使い方しかしていないためです。

電話登録であれば、よりプライベートモードを活用する大義名分が出来るわけですが、実際、身バレすることはなかったので、周囲にバレるリスクを懸念する方には、ひとまずオススメできるかと。

Pairs(ペアーズ)のプライベートモードのまとめ

バレずに使えましたが、筆者的にはお金を払ってまで使う必要は無いかなと思いました。

プライベートモードは、「痒いところに手が届く」くらいの機能ですが、「身バレすると、どうしても都合が悪い」という方にはオススメします。

TOP